映画・DVD・ドラマ・TV関係 /  ダイエット /  健康・病気・医療関係 /  美容・美肌 /  災害関係 / 
インターネット関連 /  医療・美容・健康 商品関係 /  家電 商品 関係 /  ゲーム・娯楽 /  マネー関係 / 
気候・気象関係 /  食品 関係 /  音楽 関係 /  勉強・学習・習い事 関係 /  ビジネス /  税務関係 / 
季節もの・行事 関係 /  ファッション関係 /  フットサル / 


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==

後期高齢者医療制度



◆一昔前に話題・旬とされた『 後期高齢者医療制度 』を紹介します。◆

後期高齢者医療制度


平成20年4月から後期高齢者医療制度が始まりました。

後期高齢者の心身の特性に合わせた医療サービスを介護サービスと連携して提供することにより生活の質(QOL)の向上させる「医療の適正化」を目的とし、高齢者の医療費の適正化を図るための制度。

後期高齢者医療制度の重要ポイント
75歳以上および65歳以上の一定以上の障害のあるすべての方が、後期高齢者医療の被保険者になります。
(生活保護受給者は被保険者からは除かれることになっています)

居住地の市町村役場で申請受付、保険者証の引渡しなどの事務手続きを行います。

被保険者の資格管理、保険料の賦課、給付、財政運営などの事務は後期高齢者医療広域連合が行います。
この制度の問題点・今まで給与所得者の扶養家族で保険料がゼロであった方も75歳の誕生日を迎えた日から新たに保険料負担が発生します。
(これまで保険料負担がゼロの人は2年間は半額になる措置が取られる)
市町村単位で違うが平均月額6,200円で、年間74,400円の負担増となり、2ヵ月ごとに介護保険料と合わせて2万円以上が年金から天引きされていく(月額15,000円以上の年金受給者の、老齢年金、遺族年金、障害年金から天引き)。

・保険料を「年金天引き」ではなく「現金で納める」人は保険料を滞納すれば、保険証を取り上げられる。
また、特別な事情なしに納付期限から18ヶ月間保険料を滞納すれば、保険給付の一時差し止めの措置も執られるある。
・医療機関に支払われる診療報酬は、他の医療保険と別建ての「包括定額制」という方法を取り入れ、診療報酬を引き下げ、受けられる医療に制限を掛けてしまいます。
・今後、後期高齢者が増え、また医療給付費が増えれば、保険料自動引き上げの可能性も高い。






posted by いまっち at 06:12 | 健康・病気・医療関係
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。