映画・DVD・ドラマ・TV関係 /  ダイエット /  健康・病気・医療関係 /  美容・美肌 /  災害関係 / 
インターネット関連 /  医療・美容・健康 商品関係 /  家電 商品 関係 /  ゲーム・娯楽 /  マネー関係 / 
気候・気象関係 /  食品 関係 /  音楽 関係 /  勉強・学習・習い事 関係 /  ビジネス /  税務関係 / 
季節もの・行事 関係 /  ファッション関係 /  フットサル / 


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==

ポイント・マイルと電子マネーの交換術



◆一昔前に話題・旬とされた『 ポイント・マイルと電子マネーの交換術 』を紹介します。◆

ポイント・マイルと電子マネーの交換術


マイルや電子マネーは、上手に交換したいもの。
マイレージサービスは、航空会社によって有効期限のあったりなかったりします。
せっかく貯めたマイルが、期限切れ(JALやANAは期限がある)で流れてしまうことのないようにしましょう。

マイルやポイントサービスは期限がありますが、ポイントを交換できるサービスは決まっているので、交換しにくいケースもあるでしょう。
また、国内線特典航空券を得るのに必要なマイル数は、これまでは1万5000マイルでした。
suica・Edy・nanaco・waonなどの、電子マネーに交換するのです。
ただし、電子マネー規格の乱立によって、各種ポイントとの関係は複雑になってもいます。

ポイントを効率的に集約するには、どうすればいいのでしょうか。
ポイントサービスとしてよく利用される、JAL・ANA・Gポイントそれに、Yahoo! ポイントについて説明します。

Gポイントとは、
インターネットのポイント交換サービスの大手で、およそ考えられるポイントは、ほとんど交換可能です。

楽天ポイントは、
電子マネーへの交換はしていない(2008年4月現在)ので今は省きます。

さて、現状の交換ルートは、JALがSuicaで、ANAとGポイントがEdyとなっています。

これが、2008年度中には、以下にまで増える予定です。

JALマイレージ > Suica WAONANAマイレージ > Edy Suica nanacoGポイント > Edy SuicaYahoo! ポイント > nanaco Suicaマイルやポイントを電子マネーに換えるときには、複数のポイントを1つに集約できれば無駄がありまえん。

ポイント交換サイトの「Gポイント」だと、近畿日本ツーリスト・日本旅行のサイトで、予約や決済に付くカードポイントを、EdyやSuicaなどへと換えられます。

旅行会社だけではなく、セシール・マツモトキヨシなど多彩なカードのポイントも交換できるので、手持ちのカードを確認してみてください。

上記一覧を見ても分かるとおり、マイルや旅行、鉄道系のポイントを集約しやすい電子マネーは、今のところSuicaが一番です。
なので、Suicaについてお話します。
さまざまなポイントをSuicaに集約するためには、カードを何枚か準備する必要があります。

「よく利用する乗り物が何か」で、準備のカードは違います。
JALを主に使う人なら、「JALカードSuica」が主になります。
「JALカードSuica」は、マイル以外にも、「JR東日本での切符購入」「Suicaチャージ」でたまるポイントも、Suicaに換えられるからです。
JALカードSuicaユーザーが、新割引のEX-ICなど東海道・山陽新幹線のエクスプレスを予約するなら、JR東海の「エクスプレス・カード」も持っていたいところです。
ANAマイルをSuicaに換えるには、モバイルSuicaか、ビュー・スイカカードを持つ必要があります。
普段は、ANAのJCBカードで決済しておき、JR東日本での切符購入やSuicaチャージではビックSuicaを使う。

このように使い分けると、Suicaが多くたまりやすくなります。
(ビッグカメラのポイントで買い物をしても、ポイントは付きません。が、ポイントをSuicaに移行してから、Suicaで買い物をするとポイントが付きます。)Suicaのことばかり言ってますが、全国的にはSuicaよりもEdyのエリアの方が広いですね。

Suicaのエリアから出た場合、買い物やビジネスホテル、レンタカーはEdyで払ったりして、ポイントを貪欲に貯めたいところです。

Edyは、チャージしてもポイントは付かないのですが、クレジットカードからのチャージならば、種類によってポイントが付きます。

例えば
JALカードSuicaと、年会費無料のライフカードを組み合わせる方法があります。
Edyチャージ時に得られるライフカードのポイントは、Gポイント経由でSuicaに移行できるんです。
使ったときに溜まるSuicaのポイント、Edyチャージで貯めたポイント。
分散したポイントは、どれもこれも無駄に消えます。
結局のところ、Suicaのエリアに住む人は、最終的にはすべてのポイントをSuicaに集約するのが得といえます。




posted by いまっち at 06:36 | マネー関係
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。