映画・DVD・ドラマ・TV関係 /  ダイエット /  健康・病気・医療関係 /  美容・美肌 /  災害関係 / 
インターネット関連 /  医療・美容・健康 商品関係 /  家電 商品 関係 /  ゲーム・娯楽 /  マネー関係 / 
気候・気象関係 /  食品 関係 /  音楽 関係 /  勉強・学習・習い事 関係 /  ビジネス /  税務関係 / 
季節もの・行事 関係 /  ファッション関係 /  フットサル / 


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==

寝台急行「銀河」



◆一昔前に話題・旬とされた『 寝台急行「銀河」 』を紹介します。◆

寝台急行「銀河」


銀河(ぎんが)とは、JR西日本が運行していた寝台急行列車のことです。
運行の区間は、東京駅〜大阪駅間。
東海道本線経由で走っていました。
2008年3月15日のダイヤ改正に伴って、銀河は廃止されました。
最終運行日は、2008年3月14日発(始発駅基準)。
最終時のダイヤは以下の通りです。

下り:東京(23:00)〜大阪(7:18)
上り:大阪(22:22)〜東京(6:42)
列車の愛称「銀河」の由来は、天体の銀河から。

寝台急行「銀河」は、東海道本線をほぼ通しで運行していた、唯一の夜行旅客列車でした。

「銀河」が運行されたのは1949年の9月半ば。
実に、58年と6ヶ月の間に渡って、西と東を繋いでいたのです。
銀河あが運んだ長い時間に感謝しつつ、その始まりから終わりまでを簡単にまとめます。

銀河は、1949年9月15日に、東京駅〜神戸駅間を東海道本線経由で運行を開始。

当初の銀河は、夜行急行列車の15・16列車でした。
しかし、一等・二等車のみの豪華な編成が仇となって、乗車率は悪かったそうです。
最大時には同区間の寝台急行列車7つ(銀河・明星・彗星・月光・金星・あかつき・すばる)に、愛称が付くほどの需要と人気がありました。
1975年3月のダイヤ改正によって、「銀河」の定期運行は1往復のみに削減されます。
これは、「紀伊」が(「いなば」と変名され、連結列車も14系客車に置換)、東京〜京都間を特急に格上げし、さらに山陰本線米子駅まで延長されたことが原因です。
銀河の車両は、翌1976年2月に、20系客車に置き換えられました。

1984年2月、上り東京着の発車時刻が、長年続いていた朝9時台から、朝6時台に変更されます。
車両は、翌年には20系客車から14系客車に、さらに次の年、「定期」銀河は24系25形客車に置き換えられます。

2001年3月にはダイヤ改正にで1両が減らされ、2008年3月15日の廃止に至るのです。
廃止直前の運行は、全車が寝台車編成の急行列車でした。
取り巻く状況の変化には、逆らえません。
飛行機やバスの価格の低下による、お客の分散化。
JRそのものの進歩によって、新幹線などの速い列車が増えたことも一因です。
目的地に早く到着できるようになったことで、寝台急行列車の必要性が薄れたのです。
大型連休や盆休み、それに年末年始など、特定の期間を除けば銀河の乗車率はまったく振るいませんでした。

銀河を惜しむファンは多いのですが、とうとう、廃止となったのです。




posted by いまっち at 06:39 | ビジネス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。