映画・DVD・ドラマ・TV関係 /  ダイエット /  健康・病気・医療関係 /  美容・美肌 /  災害関係 / 
インターネット関連 /  医療・美容・健康 商品関係 /  家電 商品 関係 /  ゲーム・娯楽 /  マネー関係 / 
気候・気象関係 /  食品 関係 /  音楽 関係 /  勉強・学習・習い事 関係 /  ビジネス /  税務関係 / 
季節もの・行事 関係 /  ファッション関係 /  フットサル / 


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==

EX-IC



◆一昔前に話題・旬とされた『 EX-IC 』を紹介します。◆

EX-IC


EX-ICサービスとは、東海道新幹線(東京〜新大阪間)のチケットレスサービスのことです。
正確には「EX-IC(エクスプレスIC)サービス」といいます。
一言でいえば、後払いで新幹線の予約ができるシステムです。
料金はクレジットカード(JR東海エクスプレスカード個人会員か、J-WESTカードに限定)で引き落とされます。

基本的には、JR東海エクスプレスカードの個人会員か、J-WESTカード会員だしかEX-ICカードを造ることができません。
しかし、他にもEX-ICを利用する方法があります。

「モバイルSuica」携帯電話を使っているのなら、「JR東海エクスプレスカード個人会員」か「ビューカード」を持っていればOK。
この際、大人と子供ごとに人数の設定もできますが、そうするとEX-ICサービスの範疇外となるために、「e特急券等のきっぷ購入画面」への移動を促されます。
後からの予約分は、取り消されるようになっています。
ただし、乗車した後なら同じ日であっても予約は可能です。
こうして予約も済んだら乗車です。

EX-ICカードで乗車するには、カードを新幹線の改札機にタッチします。
このときに、IC利用票が出ますので、忘れずに受け取ってください。
降りるときには、同じカードを再びタッチします。
SUICAなどを使って、在来線からそのまま乗り込む場合は、どうすればいいのでしょうか。
SUICAもEX-ICカードも改札機にタッチしなければいけませんね。
そういうときには、2枚のカードを識別できるようにずらしてタッチします。
新幹線から、SUICAなどで在来線に降りる場合にも、同様に2枚のカードをタッチします。

EX-ICサービスを使うと、キャッシャレス以外に、どこが便利なのでしょうか。

料金の支払いはクレジット後払いなので、便利といえば便利です。
気になるのが割引です。
東京駅から乗車して新大阪駅で降りるとすると、「E特急券+乗車券」よりも200円割引となります。
在来線との組み合わせによっては、EX-ICサービスの方が割高になることもあるので、検討が必要ですね。






posted by いまっち at 06:40 | マネー関係

ポイント・マイルと電子マネーの交換術



◆一昔前に話題・旬とされた『 ポイント・マイルと電子マネーの交換術 』を紹介します。◆

ポイント・マイルと電子マネーの交換術


マイルや電子マネーは、上手に交換したいもの。
マイレージサービスは、航空会社によって有効期限のあったりなかったりします。
せっかく貯めたマイルが、期限切れ(JALやANAは期限がある)で流れてしまうことのないようにしましょう。

マイルやポイントサービスは期限がありますが、ポイントを交換できるサービスは決まっているので、交換しにくいケースもあるでしょう。
また、国内線特典航空券を得るのに必要なマイル数は、これまでは1万5000マイルでした。
suica・Edy・nanaco・waonなどの、電子マネーに交換するのです。
ただし、電子マネー規格の乱立によって、各種ポイントとの関係は複雑になってもいます。

ポイントを効率的に集約するには、どうすればいいのでしょうか。
ポイントサービスとしてよく利用される、JAL・ANA・Gポイントそれに、Yahoo! ポイントについて説明します。

Gポイントとは、
インターネットのポイント交換サービスの大手で、およそ考えられるポイントは、ほとんど交換可能です。

楽天ポイントは、
電子マネーへの交換はしていない(2008年4月現在)ので今は省きます。

さて、現状の交換ルートは、JALがSuicaで、ANAとGポイントがEdyとなっています。

これが、2008年度中には、以下にまで増える予定です。

JALマイレージ > Suica WAONANAマイレージ > Edy Suica nanacoGポイント > Edy SuicaYahoo! ポイント > nanaco Suicaマイルやポイントを電子マネーに換えるときには、複数のポイントを1つに集約できれば無駄がありまえん。

ポイント交換サイトの「Gポイント」だと、近畿日本ツーリスト・日本旅行のサイトで、予約や決済に付くカードポイントを、EdyやSuicaなどへと換えられます。

旅行会社だけではなく、セシール・マツモトキヨシなど多彩なカードのポイントも交換できるので、手持ちのカードを確認してみてください。

上記一覧を見ても分かるとおり、マイルや旅行、鉄道系のポイントを集約しやすい電子マネーは、今のところSuicaが一番です。
なので、Suicaについてお話します。
さまざまなポイントをSuicaに集約するためには、カードを何枚か準備する必要があります。

「よく利用する乗り物が何か」で、準備のカードは違います。
JALを主に使う人なら、「JALカードSuica」が主になります。
「JALカードSuica」は、マイル以外にも、「JR東日本での切符購入」「Suicaチャージ」でたまるポイントも、Suicaに換えられるからです。
JALカードSuicaユーザーが、新割引のEX-ICなど東海道・山陽新幹線のエクスプレスを予約するなら、JR東海の「エクスプレス・カード」も持っていたいところです。
ANAマイルをSuicaに換えるには、モバイルSuicaか、ビュー・スイカカードを持つ必要があります。
普段は、ANAのJCBカードで決済しておき、JR東日本での切符購入やSuicaチャージではビックSuicaを使う。

このように使い分けると、Suicaが多くたまりやすくなります。
(ビッグカメラのポイントで買い物をしても、ポイントは付きません。が、ポイントをSuicaに移行してから、Suicaで買い物をするとポイントが付きます。)Suicaのことばかり言ってますが、全国的にはSuicaよりもEdyのエリアの方が広いですね。

Suicaのエリアから出た場合、買い物やビジネスホテル、レンタカーはEdyで払ったりして、ポイントを貪欲に貯めたいところです。

Edyは、チャージしてもポイントは付かないのですが、クレジットカードからのチャージならば、種類によってポイントが付きます。

例えば
JALカードSuicaと、年会費無料のライフカードを組み合わせる方法があります。
Edyチャージ時に得られるライフカードのポイントは、Gポイント経由でSuicaに移行できるんです。
使ったときに溜まるSuicaのポイント、Edyチャージで貯めたポイント。
分散したポイントは、どれもこれも無駄に消えます。
結局のところ、Suicaのエリアに住む人は、最終的にはすべてのポイントをSuicaに集約するのが得といえます。


posted by いまっち at 06:36 | マネー関係

モバイルSuica特急券(MS特急券)



◆一昔前に話題・旬とされた『 モバイルSuica特急券(MS特急券) 』を紹介します。◆

モバイルSuica特急券(MS特急券)


モバイルSuica特急券(略して、MS特急券)は、JR東日本が提供するサービスのこと。

JR東日本の新幹線(東北・山形・秋田・上越・長野の各新幹線)が、チケットレスで利用できる便利なシステムとなっています。
モバイルSuica特急券を購入するには、「モバイルSuica」に登録していなければいけません。
モバイルSuicaに登録するには、専用の携帯電話機が必要となります。
利用しているキャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)に対応機種を問い合わせてください。

乗車する新幹線の列車名や座席番号等が、ケータイの画面で確認できるのでウッカリミスも防げます。
使い方もカンタン。

チケット情報をダウンロードした携帯電話機を、改札機にタッチするだけで、新幹線へ乗車できるようになります。
しかも、Suicaが使えるエリアなら、在来線との乗り継ぎもスムーズです。

乗車料金はどうでしょうか。
上野〜仙台間の乗車券の場合、指定席では 10,590円、自由席だと 10,080円です(2008年4月現在)。
それが、モバイルSuica特急券だと 9,700円で、380〜890円の値引きです。
最大割引率は9%なので、JR東日本の新幹線をよく利用する人には、大きな金額ですね。モバイルSuica特急券は、自由席も普通指定席も同額となっています。
購入可能期間は、乗車日の1ヶ月前発売日から発車時刻の6分前まで。
事前予約登録なら、乗車日の1ヶ月前発売日+7日前の5:30〜乗車日1ヶ月前発売日の9:54までです。
時間には注意してください。
購入画面では、新幹線の日時・時刻を指定すると、候補の列車が表示されます。
そこから選んで購入することができます。
また、一度でも購入したことがあれば、利用した区間の履歴を参照しての購入も可能です


posted by いまっち at 06:35 | マネー関係

モバイルSuica



◆一昔前に話題・旬とされた『 モバイルSuica 』を紹介します。◆

モバイルSuica


モバイルSuicaとは、モバイルSuicaはJR東日本の会員制サービスです。

平たくいえば、ケータイにSuica機能を取り付けたもの。
カードタイプのSuicaと同じように、駅の改札機にカンタンに入出場できるのはもちろんですが、そのほかにも、携帯電話機一丁でいろいろなことができるという便利なサービスです。

モバイルSuicaの機能
Suicaに対応している自動改札機などを利用してJRや私鉄などの交通機関に乗車できる機能や、駅構内(駅ナカ)・街中(街ナカ)の店舗や自動販売機・コインロッカーでの支払いができる機能(Suicaショッピングサービス)はカード型のSuicaと同様です。
これに加えて、携帯電話の通信機能を利用したオンラインチャージ(入金)、定期券やSuicaグリーン券の購入、携帯電話の画面で使用履歴や残額を表示します。
この様な機能を持っており、カード型より利便性が向上しています。

モバイルSuicaの多様なサービスはつぎのとおりです。

・SF(電子マネー)が利用できます。
・モバイルSuicaは、クレジットカードを登録していれば、どこからでもケータイの操作で入金(チャージ)ができます。
・1回の入金は1,000円単位で10,000円まで。
・最高残高は20,000円です。
・入金(チャージ)は、クレジットカード・銀行口座、コンビニからの現金チャージも可能です。
・SF(電子マネー)に残高や利用履歴などの情報は、携帯電話機の画面から簡単に確認できるので安心です。
・SF(電子マネー)は、ネットショッピングの決済手段としても使えます。
・各種の定期券などが購入変更できます。
・JR東日本らしく、定期券購入はもちろん、通勤定期券・通学定期券(大学生・専門学校生相当)・新幹線定期券(FREX・FREXパル)・グリーン定期券などが購入できます。
また、定期券の区間の変更も可能です。
・変更の範囲は、Suicaご利用可能エリア内に限定はされますが、携帯電話機からの操作だけで変更手続きもできてしまいます。
・面倒な定期券の払いもどし手続きも、携帯電話機からの操作だけでOK。
・Suicaグリーン券を「モバイルグリーン料金(事前料金と同額で、車内で購入するよりも安い)」で購入できます。
・払い戻しも、携帯電話機からの操作で完了します。
・モバイルSuica特急券も、予約と購入ができます。

こちらの場合は、事前に携帯電話からモバイルSuica特急券の利用登録(無料)をしておきます。
その後、携帯電話かパソコンから新幹線の指定席や自由席を予約・購入するようになっています。
出発前であれば、何度でも(手数料なし)列車変更が可能。
ケータイに、JR東海の「EX-ICサービス」をセットすれば、もっと便利に使えそうですね。

モバイルSuicaを利用するには、会員登録をしなければいけません。
また、使用できるケータイもまだ限られています。

2008年の4月現在、以下のケータイでモバイルSuicaが利用できます。

NTTドコモ 
SH705iII・PROSOLID μ・P905iTV・SO705i・P705iμ・N705iμ・SO905iCS・SH705i・N705i・P705i・D705i・D705iμ・SH905iTV・F705i・N905iBiz・D905i・F905i・N905i・N905iμ・P905i・ SO905i・SH905i・P704i・D704i・SH704i・F704i・SO704i・SO903iTV・P904i・D904i・ F904i・N904i・SH904i・P903iX HIGH-SPEED・SH903iTV・SO703i・F903iX HIGH-SPEED・D903iTV・P903iTV・F703i・N703iD・P703i・SH703i・N902iL・SO903i・ D903i・F903i・N903i・P903i・SH903i・N902iX HIGH-SPEED・D902iS・F902iS・N902iS・P902iS・SH902iS・DOLCE SL(SH902iSL)・F902i・N902i・P902i・SH902i・SO902i・SO902iWP+・N901iS・P901iS・ SH901iS・P901iTV・F702iD KDDI(au) W62S・W61T・W61H・W61P・W54SA・W54S・W56T・W61CA・W61K・W61SH・W53H・ INFOBAR2・W53S・W53CA・W54T・W53SA・W52CA・W52SH・W52P・W52S・W53T・W52H・W52SA・MEDIA SKIN・W51S・W52T・W51SA・W51K・W51CA・W51H・W51P・W43HII・W47T・W44S・W43K・W43CA・ W43H・W43S・W42H・W41CA・W41H・W41S・W32H・W32S※ W32Sは新バージョンへの対応が必要で、W32H・W47T・W52Tは別途ダウンロードが必要です。

SoftBank 
920SH YK・921T・921SH・823SH・812SH sII・920T・820SH・821SH・913SH G・920SH・912T・913SH・812SH s・815T・814T・815SH・814SH・912SH・911T・813SH・812SH・911SH・910SH・811SH・810SH・905SH・904SH911Tでは、余分なメッセージが表示されますが利用できます。

ディズニー・モバイル DM001SH利用できるケータイモデルは、次のURLで確認してください。

http://www.jreast.co.jp/mobileSuica/whats/models.html
モバイルSuicaが利用可能な鉄道エリアと店舗です。

JR東日本のSuicaエリアの各駅(首都圏エリア・仙台エリア・新潟エリア)東京モノレール・東京臨海高速鉄道(りんかい線)・埼玉新都市交通(ニューシャトル)・仙台空港鉄道・JRバス関東(水戸〜赤塚間)・PASMOエリア(鉄道およびバス)・TOICAエリア・ICOCAエリアの各駅等モバイルSuicaで、ネット決済ができる加盟店です。

http://www.jreast.co.jp/mobileSuica/whats/e-shop.html




posted by いまっち at 06:34 | マネー関係

EX-IC (エクスプレスIC)



◆一昔前に話題・旬とされた『 EX-IC (エクスプレスIC) 』を紹介します。◆

EX-IC (エクスプレスIC)


EX-IC(エクスプレスIC)サービスが、2008年の3月29日から始まります。

どのようなサービスかと言うと、以前からあるエクスプレス予約をして受け取っていた紙のチケットがEX-ICというカードに置き換わったということなんです。

混雑した券売機やミドリの窓口で順番待ちで紙の乗車券を購入するといった手間が省けます。

今現在JRではカードをもっている方全員を対象に案内状を送り、従来のカードを3月からEX-IC(エクスプレスIC)カードに順次更新していくとの事です。
しかし、現行のエクスプレス予約と比較した場合にどちらがお得なのかは利用状況によって異なります。

従来のe特急券+乗車券ですと\13200ですから差し引き\200お得になるというわけですが、このケースですと東京駅近辺若しくは新大阪駅近辺に在住でどちらかの駅に行く機会が多い方にとっては若干ではありますがお得な設定となっています。
しかしそういった人ばかりではありませんね、もう一つの例を挙げて説明します。

新宿駅から東京駅まで行った場合には\190かかりますので先ほどのEX-ICを利用した東京から新大阪までの料金は\13190となりますので、殆んど運賃は変わらなくなります。
さらに新大阪から大阪駅まで乗った場合には、\160かかるので、合計は\13350となって、割高になってしまいます。

このように、EX-ICサービスを利用した場合、在来線を使って乗り継いだ時には、別途在来線区間の運賃が必要となります。

EX-ICは、あくまでも新幹線だけに適用されるサービスとなっていますので、利用する区間によっては、e特急券+乗車券を利用したほうが、安い運賃で済む場合もあるので注意が必要です。

エクスプレス予約では、e特急券だけ買って別途、乗車券を在来線の区間にあわせて買った場合も含みます。
さらにEX-ICサービスは、エクスプレス早特の利用はできないということなので、その辺をよく考慮して購入を考えないと得したつもりでも実際には多い金額を払っていることになります。




posted by いまっち at 06:37 | マネー関係

パスモ



◆一昔前に話題・旬とされた『 パスモ 』を紹介します。◆

パスモ

パスモとは、株式会社パスモが発行する鉄道・バスの共通乗車カードである。

PASMOの名称は株式会社パスモの登録商標である。

非接触型ICカードである。

事前に入金(チャージ)をすることで、その金額分使用できる。

また、クレジットカードに紐付ける、オートチャージ対応カードもある。

加盟する交通事業者は、現在のパスネットおよびバス共通カード加盟事業者を中心とした関東地方の鉄道・バス事業者の他、山梨県や静岡県の一部にも広がっている。

2007年(平成19年)3月18日からサービスを開始した。

しかし、当初の見込みを大幅に上回る売れ行きを見せ、発行枚数のうち定期券160万枚はほぼ予想通りだったというが、非定期券140万枚は想定を100万枚ほど上回った。

既に新たなカードを300万枚追加発注したものの、納品は同年8月以降となるため、このままではPASMOカードの在庫が底を尽きかねない事態となった。

そのため4月12日から新たなカードが納品される見込みの8月頃までPASMO定期券以外の新規発行を中止することとなった。

このためパスモは現在、定期券のみ発売という限定的な販売形態となっている。



posted by いまっち at 00:32 | マネー関係

PASMOとSuica



◆一昔前に話題・旬とされた『 PASMOとSuica 』を紹介します。◆

PASMOとSuica

電子マネーの時代の到来を印象付けるのが間違いなくPASMOとSuicaの登場だろう。

その先陣を切ったSuicaはJR東日本が発行する、乗車カード・電子マネーとして利用できるカードの名称である。

これに準ずるものとして、東京モノレールが発行するモノレールSuica、東京臨海高速鉄道が発行するりんかいSuicaがある。

ソニーの非接触型ICカードFeliCaの技術を採用している。

2007年4月9日現在の発行枚数は約2,003万枚。

また、JR東日本の登録商標でもある。

SuicaはJR東日本が開発し、当初自社線専用として導入した、非接触型ICカードシステムによる乗車カードである。

それまでJR東日本には、券売機で乗車券を買わずに改札口を通過して乗車できるプリペイドカード(ストアードフェアシステム)として磁気式イオカード(2005年3月31日をもって発売終了)があったが、Suicaはこの磁気式イオカードと同様に一部を除く自動券売機での乗車券等購入や自動精算機での精算機能に加え、入金(チャージ)する事で繰り返し使用できる機能、定期券機能(複数枚の定期券情報を搭載する事も可能である)、駅構内や街中の一部の店舗での商品代金の支払いにも利用できる電子マネー機能など、様々な機能が盛り込まれている。

「タッチ&ゴー」の動きSuicaは非接触型ICカードのため、パスケースや鞄などから取り出す必要はなく、例えばパスケースごとタッチしても利用できる。

また、読み取り可能範囲が半径10cm程度あるので空中を通しても利用可能な場合がある。

但し、Suicaと改札機との通信時間を確保するため、「タッチ&ゴー」(Suicaやパスケースなどを読み取り機にタッチさせて改札機を通過する)という使い方を推奨している。

一方、PASMOは株式会社パスモが発行する鉄道・バスの共通非接触型ICカード乗車券である。

2007年(平成19年)3月18日からサービスを開始した。

「Suica」との相互利用化が行われた為、東京、横浜を中心とする鉄道(JR以外の私鉄・地下鉄)・路線バスでは大半の事業者の路線でPASMOとSuicaが使用できる。

ただし、2007年3月18日時点では、SuicaエリアでのPASMOによる鉄道利用は関東地区に限られ、仙台などSuicaの利用可能な他地区では、PASMOは電子マネー機能のみの利用に制限されています。

PASMOとSuicaの機能的違いはほぼ無いが、唯一、PASMOの優位点を上げるとバス利用特典サービスだろう、従来のバス共通カードが購入時点で特典額の付与を受けられたのに対し、PASMOではSFによって支払われた金額に対してバスポイントが付与され、1,000バスポイントごとに「特典バスチケット」が付与され、特典バスチケットがある場合は次回乗車時に特典バスチケットから優先して運賃を徴収する仕組みとなった。

累計ポイント数によって付加される特典額には段階があり、またポイント制を導入する全社共通でポイントの累積・利用ができる。

ただし、バスポイントは都営バス・都電、東急バス、京王バスをはじめ概ね10円利用につき10ポイント付与であるが、各バス事業者が異なるポイント付与率を定める場合がある他、バスポイントの累積は1ヶ月間(毎月1日〜末日)のみであり、翌月には未還元ポイントが消去される。

このため、月末に未還元ポイントが0ポイントとなる場合以外はバス共通カードを購入した方が有利である。

ただし、都営バスのように一定時間内にバスを乗り継ぐ場合に2台目の利用が割引になる場合がある。

現段階で発売されている都営バス専用の乗り継ぎ割引バスカードは、乗り継ぎ割引がされるのみでプレミアムはつかないため、PASMOを利用した方が有利である。

さてあなたはPASMOとSuica、もうどちらかをお使いだろうか。



posted by いまっち at 00:31 | マネー関係
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。