映画・DVD・ドラマ・TV関係 /  ダイエット /  健康・病気・医療関係 /  美容・美肌 /  災害関係 / 
インターネット関連 /  医療・美容・健康 商品関係 /  家電 商品 関係 /  ゲーム・娯楽 /  マネー関係 / 
気候・気象関係 /  食品 関係 /  音楽 関係 /  勉強・学習・習い事 関係 /  ビジネス /  税務関係 / 
季節もの・行事 関係 /  ファッション関係 /  フットサル / 


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==

「卒業」カラオケリクエストランキング



◆一昔前に話題・旬とされた『 「卒業」カラオケリクエストランキング 』を紹介します。◆

「卒業」カラオケリクエストランキング 


卒業ソング”。

これまで海援隊の「贈る言葉」やユーミンの「卒業写真」などが卒業ソングの定番として親しまれてきたものだが、ここ最近の卒業ソングの新定番として「卒業」「旅立ち」「桜」などを歌詞に含む楽曲のカラオケリクエストランキング調査が第一興商で実施された。

その結果1位はコブクロの「桜」と発表された。

2位にはケツメイシの「さくら」
3位にはいきものがかりの「花は桜 君は美しい」
4位に森山直太朗の「さくら」
と、卒業シーズンに限らず、カラオケの定番の楽曲が上位を占めた。

また、「卒業シーズンに聴きたい曲」の1位に選ばれたのは、1年前のこのアンケートに続いて、レミオロメンの「3月9日」で結婚記念日を祝うために書かれた曲なのだが、新しい一歩を感じさせる春の曲であることと、ドラマ『1リットルの涙』のなかで合唱の課題曲として扱われていた点などから、卒業式で合唱に起用する学校が増えている。

2位には松任谷由実「卒業写真」
3位にも森山直太朗の「さくら(独唱)」
今後も歌い継がれていくであろう定番の曲がランクインしている。

年代別卒業カラオケ

1970年
代贈る言葉/ 海援隊
卒業写真/ 荒井由実
いい日旅立ち/ 山口百恵
なごり雪/ イルカ
微笑がえし/ キャンディーズ
卒業/ 松山千春

1980年代
卒業/ 尾崎豊
想い出がいっぱい/ H2O
制服/ 松田聖子
卒業〜GRADUATION〜/ 菊池桃子
春なのに/ 柏原芳恵
卒業/ 斉藤由貴
じゃあね/ おニャン子クラブ
春景色/ 南野陽子
Ya Yaあの時代を忘れない/ サザンオールスターズ

1990年代
my graduation/ SPEED
空も飛べるはず/ スピッツ
終わりなき旅/ Mr.Children
未来へ/ Kiroro
卒業/ 渡辺美里
卒業の歌、友達の歌。/ 19

2000年代
卒業〜さよならは明日のために〜/ タッキー&翼
トモダチ/ ケツメイシ
さくら(独唱)/ 森山直太朗
嗚呼、青春の日々/ ゆず
Best Friend/ Kiroro
3月9日/ レミオロメン
青春/ THE HIGH−LOWS
旅立ちの日に…/ 川嶋あい
卒業の日/ サスケ
キラ キラ!/ 氣志團
卒業〜さよならは言えない〜/ 安次嶺奈菜子
ソツギョウ/ 加藤ミリヤ
青春狂騒曲/ サンボマスター
卒業TIME/ WaT
オレンジ/ SMAP




posted by いまっち at 06:17 | 音楽 関係

自己ベスト



◆一昔前に話題・旬とされた『 自己ベスト 』を紹介します。◆

自己ベスト


自己ベストは、2002年4月24日にBMGファンハウスよりリリースされた、小田和正のソロとして3枚目のベストアルバム。

小田和正が自転車に乗りながら収録曲をメドレーで歌うCMを覚えている方も多いのではないでしょうか。

このアルバムに収録された曲の中には、再レコーディングまたはリマスターなどを経て生まれ変わった曲もあります。

JRAブランドCMソング「who who」、明治生命「あなたに会えて」シリーズCMソング「言葉にできない」が収録されています。

収録曲
1. キラキラ
深津絵里と堤真一出演の『恋ノチカラ』(フジテレビ)主題歌。
2. 秋の気配
3. 愛を止めないで
4. さよなら 5. YES-NO
6. 言葉にできない 東野圭吾の小説を映画化した『手紙』挿入歌。
7. 緑の日々
8. Oh ! Yeah !
9. ラブ・ストーリーは突然に 。
鈴木保奈美、織田裕二が主演し、大人気となった『東京ラブストーリー』(フジテレビ)主題歌。
10. MY HOME TOWN
11. 風の坂道
12. 伝えたいことがあるんだ
13. 緑の街
14. 風のように
15. who who

2007年11月には自己ベスト第2弾!! が発売され、前作が200万枚を超える大ヒットを記録しているため、こちらも期待がされている。

2007年12月10日付のオリコンアルバムチャートで17.6万枚を売り上げ初登場第1位を獲得して自身の持つ、オリコンアルバムチャートでの最年長1位記録を塗り替え60歳3ヶ月の記録を作った。

2007年はNHK連続テレビ小説『どんど晴れ』主題歌となった第1弾シングル「ダイジョウブ」、フジテレビ系ドラマ『ファースト・キス』主題歌「こころ」の他に明治安田生命企業CM曲「たしかなこと」などヒット曲を収録している。

ウィンター・パッケージ仕様の究極ベスト第1弾「 自己ベスト 」も発売中である。

収録曲
1. こころ
(フジテレビ系月曜9時ドラマ「ファースト・キス」主題歌)
2. ひとりで生きてゆければ
3. 生まれ来る子供たちのために
4. 愛の中へ
5. たそがれ
6. 君住む街へ
7. 恋は大騒ぎ
(第一生命パスポート21CM曲)
8. いつかどこかで
(第一回映画監督作品「いつかどこかで」主題歌)
9. そのままの君が好き
(東映アニメ映画「走れメロス」テーマソング)
10. こんな日だったね
(NISSANエルグランドCMソング)
11. the flag
(Yahoo! スポーツ応援プロジェクトテーマソング)
12. たしかなこと
(明治安田生命企業CMソング)
13. まっ白
(TBS系ドラマ「それは、突然、嵐のように」主題歌)
14. 大好きな君に
(NHKアニメ「雪の女王」主題歌/名古屋鉄道企業CM曲)
15. ダイジョウブ
(NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」主題歌)




posted by いまっち at 06:46 | 音楽 関係

月1980円で「聴き放題ネット音楽配信サービス」始まる



◆一昔前に話題・旬とされた『 月1980円で「聴き放題ネット音楽配信サービス」始まる 』を紹介します。◆

月1980円で「聴き放題ネット音楽配信サービス」始まる

ネットから好きな音楽だけをダウンロードしてきて聞く…もうすっかり一般的になったことでしょうが、月1980円で「聴き放題ネット音楽配信サービス」が新たに始まった。

タワーレコード傘下のネット音楽配信、ナップスタージャパンが2006年10月3日、月額1980円(税込み)で好きな楽曲を何曲でも携帯音楽プレーヤーで楽しめる「聴き放題のネット音楽配信サービス」を始めた。

国内外の150万曲以上(うち邦楽2万曲)を用意しており、本格的な定額制のネット音楽配信は日本初(同社)。

パソコンや携帯プレーヤー「iPod」に1曲ダウンロードするごとに課金する米アップルコンピュータの「iTunesミュージックストア」が世界的に有名で、日本でも若者らの人気を集め圧倒的なシェアを持っている。

しかし1ヶ月定額制聞き放題ネット音楽配信サービスはこれまでになかっただけに今後のネット音楽市場の動向が注目されるところ。

料金プランはPC上に無限に楽曲をダウンロードできる「Napster Basic(ナップスター・ベーシック)」が月額1280円。

PCでダウンロードした曲をナップスター対応の携帯オーディオや携帯電話に転送できる「Napster To Go(ナップスター・トゥー・ゴー)」が月額1980円。

このほか、楽曲を1曲ごと、もしくはアルバム単位で購入する「Napster a la carte(ナップスター・アラカルト)」もあり、1曲辺りの最多価格帯は洋楽で150円ほど、邦楽で200円ほど。






posted by いまっち at 11:36 | 音楽 関係
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。