映画・DVD・ドラマ・TV関係 /  ダイエット /  健康・病気・医療関係 /  美容・美肌 /  災害関係 / 
インターネット関連 /  医療・美容・健康 商品関係 /  家電 商品 関係 /  ゲーム・娯楽 /  マネー関係 / 
気候・気象関係 /  食品 関係 /  音楽 関係 /  勉強・学習・習い事 関係 /  ビジネス /  税務関係 / 
季節もの・行事 関係 /  ファッション関係 /  フットサル / 


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==

フットサル スクール



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル スクール 』を紹介します。◆

フットサル スクール


都会人が今、手軽にできるスポーツとして、フットサルがあります。

会社帰りに体を動かしストレス解消したいとか、美容と健康のために汗を流したいとか、学校のクラブは、きついので敬遠しているが、健康な汗を流したい人は多いのではないですか?サッカーのルールをベースにして生まれたフットサルは、コートのサイズやチームの人数がコンパクトになっただけで、サッカーよりずっと手軽に楽しめるので人気があるのです。

こんな希望者も、基本をしっかり学ぶことが、大切です。

それには、フットサルスクールに入ってみましょう。

今全国には、多くのフットサルスクールがあります。
フットサルのルール・用具・コートの説明やフットサルで使用するシューズの解説までして、正確なパス、基礎的なドリブル、正確なシュート、キーパー ポジショニングなどの基本動作を練習し、守備・攻撃の仕方まで、基本をしっかり学べます。

フットサルで身につけたテクニックは、サッカーにも生かせます。

ブラジルの有名なペレ、ジーコ、ロナウドも、少年時代にフットサルを経験したのですよ。

フットサルスクール一覧
http://www.enjoyfutsal.com/school/list.html 

では、全国のスクールが紹介されています。

練習日も、土日に限らず、月曜から金曜日までの、平日も色んな教室を開いているようですから、自分のスケジュールに合わせて楽しめるようです。

Jリーグのクラブが運営しているものもあれば、ミズノなどスポーツメーカーなどが運営するものまで様々です。

外国語堪能な外国人コーチ達とサッカーの楽しさを学びながら、自然と世界の友だちと触れ合えることも可能です。





posted by いまっち at 21:33 | フットサル

フットサル ウェア



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル ウェア 』を紹介します。◆

フットサル ウェア


フットサル(Futsal)は、基本的には室内で行われるサッカーに似た競技です。

長らく非公式に行われてきたので、統一ルールというものが存在しなかったのですが、1989年に国際サッカー連盟(FIFA) が管轄することになり、1994年に統一ルールがまとめられました。

98年の日本代表のワールドカップ出場、2002年の日本のワールドカップ開催などを経験して、日本でのサッカーへの関心が急速に高まる中、日本のフットサル人口もここ数年で、爆発的に伸び、2003年には100万人を越えたといわれています。

フットサルの最大の魅力は、性別、年齢に関係なく楽しめる点です。

プレーする年齢の中心は20代、30代ですが、子供やシニア向けのフットサル教室などもでき、年齢層も幅広くなっています。

フットサルウェアとしては、ユニフォーム、プラクティスシャツ、ジャージ、ピステ、ゴールキーパー、インナーなどの種類があります。

シャツ、パンツ、ストッキングは、基本的にサッカー用品が最適です。

運動量が非常に多いのがフットサルなので、 冬場でも大量の汗をかきますから、発汗性の良いポリエステル100%のサッカー用品がおすすめです。

最近は、フットサルも、いろいろなブランドが発売されています。

[ATHLETA]アスレタ、[gol]ゴル、[dalponte]ダウポンチ、[KELME]ケルメ、[adidas]アディダス、[PENALTY]ペナルティー、[PUMA]プーマ、[Spazio]スパッツィオ、[SVOLME]スボルメ、[TOPPER]トッパー、ナイキ、アシックスなど、多くのブランドがあります。

自分の好みを見つけて、愛用してください。



posted by いまっち at 21:31 | フットサル

フットサル ポジション



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル ポジション 』を紹介します。◆

フットサル ポジション


フットサルはサッカーに似た競技ですが1チーム5人で行う競技ですので、ポジションの呼び方が11人制のサッカーと異なります。

フットサルの専門用語はポルトガル語からきているものが多くフットサルのポジションの呼び方もポルトガル語からきています。

サッカーのピッチの約9分の1の広さのコートを使って行われるフットサルは、ゴールキーパーと同じ役目をするゴレイロを除く4人のフィールドプレーヤーが相手ゴールまでボールを運んでいきます。

フットサルのフォーメーションの基本はダイヤモンド型で、ダイヤモンドの一番先端のポジションをピヴォ(PIVO)と呼びます。

ピヴォは前線で攻撃の基点を作るポストプレーのポスト役になり、相手のディフェンスを背負いながらのプレーが多くなりますので、当たりに強いボディーバランスに優れた人が適任です。
自分のゴール近くでプレーすることからフィクソの判断ミスが即失点につながりますので、フィクソには正確な判断力と技術を持った選手が適任です。

アラはサッカーでいうミッドフィルダーで、試合中は攻撃と守備の両方をこなし、アラは攻撃中にボールを相手に奪われた時に素早く自陣に戻らなければなりません。

そのためアラには豊富な運動量を持っている選手が適任です。

最後にゴールを守るゴレイロ(GOLEIRO)ですが、至近距離からのシュートに素早く反応できる反射神経を備えた選手が適任です。

ゴレイロは主に手を使ってディフェンスをしますが、サッカーでいうスイーパーの役割もしなければなりません。

スイーパーというのでディフェンダーの後ろでカバーリングしたり他の選手に指示を出して守備のズレを修正したりする役目です。

ゴレイロはパワープレーの時には攻撃にも参加します。

その為ゴレイロは他の4人のフィールドプレーヤーと同じくらいの足技のテクニックを持っていることが望まれます。




posted by いまっち at 21:28 | フットサル

フットサル 個人参加 方法



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル 個人参加 方法 』を紹介します。◆

フットサル 個人参加 方法


フットサルに個人参加する方法はいくつかあります。

一番簡単なフットサルに個人参加する方法は電話帳で自分の家の近くのフットサル施設を探して、直接電話して問い合わせる方法です。

試しに近所のフットサルコートに電話したのですが、個人参加の方法を問い合わせてくる個人が多いようで、電話担当の方は詳しく丁寧に個人参加の方法を教えてくれました。

実際に電話で問い合わせされるときには参加料金、集合日時、参加者のレベルはどんなかんじかといった情報を聞いておきましょう。

ちなみに個人参加型のフットサルの参加費の相場は1000円から3000円くらいで、都心の駅前のように立地条件の良い所にフットサルのコートがあると参加費が高めになります。
それとともにフットサル施設も増えて、日本国内に500以上のフットサル施設ができているそうです。

自分の会社にフットサルコートがあれば、簡単に個人参加型のフットサルが楽しめそうです。

他にフットサルに個人参加する方法としては、インターネットで検索してメールや申し込みフォームに必要事項を記入して申し込む方法があります。

フットサル施設に電話するのがわずらわしいという人には便利な方法です。

NETで検索する時は「個人参加型 フットサル 地名」というように検索キーワードを入力して検索すればたくさんの個人参加型フットサルのサイトが閲覧できます。

有名なサイトとして「青空サッカー東京」「E-3(イースリー)フットサル」などがあります。

またインターネットのフットサル愛好者の掲示板をさがして、個人参加型フットサルの情報を集めるのも有効な手です。

手軽にできるフットサルに個人参加する方法はいろいろあります。

自分にあった個人参加型のフットサル施設や団体をみつけて、フットサルを楽しみましょう。




posted by いまっち at 21:26 | フットサル

フットサルポイント



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサルポイント 』を紹介します。◆

フットサルポイント


フットサルポイントとは、フットサルをプレーするためのコート施設です。
プレーする設備だけでなく、いろんな大会などのイベント開催や、スキルアップのためのスクール運営、そして、マッチメイク提供など、フットサルに関わること全般を提供してくれるオールラウンドな施設といえます。

プレーする上でなにより嬉しいのは、コートの芝がもっとも天然芝に近いといわれるロングパイルの人工芝なところでしょうか。
ただ、個人フットサルというものがありまして、それは、その日にぶらりと独りできても、その日に集まった人たちでプレーできてしまう、というものです。

フットサルはチームで行うものなので、フットサルをしたいと思っても、チームメンバーの都合でできないことも多々ありますので、そうしたときに参加するのもいいですね。
そしてまわりにフットサルをやる人がいなくてチームに未加入の人とかが気軽に参加できるので、ゲームが終わった後の、お疲れ一杯などで仲良くなってチームを結成するというのもありでしょう。

対戦相手を見つけたい、チームに入りたいということでしたら、各地のフットサルポイントHPに設けられている掲示板も役立ちます。

いろいろなチームがプロフィールを紹介してたり、チームメンバーを募集してたりしますので、自分の近くのアクセスしやすいフットサルポイントのBBSをチェックしてみましょう。


posted by いまっち at 21:25 | フットサル

フットサル ボール



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル ボール 』を紹介します。◆

フットサル ボール


フットサルは、サッカーが起源となったスポーツです。
フットサルはサッカーとは似て非なるものです。

サッカーのルールで行われるミニサッカーとフットサルは全くゲーム内容が異なってきます。

高く弾まないゆえに、フットサルでは勢いを殺すためのトラップというものをせず、確実に自分の体の前に置き、かつ相手ディフェンダーへのすきになりにくい足裏でしっかりとトラップをします。

コート内の空中を飛ぶボールがなくなるということは、相手ゴールに近づくためにドリブルか地を這うパスかどちらかになります。

ただ、フットサルはコートが狭い上にショルダーチャージが禁止されているので、サッカーのようなワンマンプレー的なドリブルは有効どころか害にすらなります。
ゆえに、自然と確実に相手に届く地を這うパスが多用され、パスを有効に活用できる、しっかりとしたチームプレーができるチームこそがフットサルで勝利できるチームということになります。
また小さいボールを使うことでより、ボールコントロールを使う技術が磨かれやすくなります。

フットサルでは、ドリブルはあまり有効ではありませんが、チームメンバーとの連携を助ける上での時間稼ぎ、DFを引き付けておくための、その場でのボールコントロールは重要です。

こうしてフットサルでボールコントロールを学ぶことは、いずれサッカーに移ったときも、役に立つことでしょう。


posted by いまっち at 21:23 | フットサル

フットサル ショップ



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル ショップ 』を紹介します。◆

フットサル ショップ


フットサルは、本当に手軽にできるスポーツです。

極端なことをいえば、人数とボールさえあれば、ゲームはできてしまいます。

ですが、とっかかりはそれでもいいのですが、より楽しみたい、より本格的にやりたい、公式試合にも出たい、ということになると、それなりの備品が欲しいところです。

そういうときに役立つのがフットサルショップです。

以前は、フットサルはサッカーの一種ということになっていて、サッカーのアクセサリーを流用しなくてはいけなかったり、お店にフットサルの商品があっても、サッカーコーナーの中のほんの一角なスペースといったさびしいものでした。

ショップにいってすぐ目が行くのが一番外観を変えるユニフォームなどのウェアですね。

ですが、フットサルを本格的にやる上で、まずそろえたいのは、すねあてです。

シンガードともアンクルガードともレガースともいわれます。

サッカーのようにスライディングなどのタックルが禁止されているので、少しはけがしにくいとはいえますが、ゲームが白熱してくれば、足を蹴られてしまうこともありますし、相手チームがまだフットサルのルールに慣れていないときは、気づかないままファウルをしてくることが多々あります。

そのためにも、怪我防止のためにシンガードをそろえておきましょう。

また、これがないと、公式な試合には参加することができません。

次にそろえたいのはシューズです。

屋内用、屋外用とあります。

最初はスニーカーとかでもいいですが、やっていると、肝心なところで足がすべったりと、非常にストレスがたまります。

足元をすくわれると、これまたケガにつながりますので、早いうちに専用シューズをそろえておきましょう。



posted by いまっち at 18:19 | フットサル

フットサル 日本 代表



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル 日本 代表 』を紹介します。◆

フットサル 日本 代表


フットサルには2つの大きな大会があります。

ひとつはアジアの頂点を競うAFCフットサル選手権(AFC Futsal Championship)でありもうひとつがフットサルの世界大会であるFIFAフットサルワールドカップです。

ここではFIFAフットサルワールドカップと日本代表選手について調べてみました。


今年2008年にはブラジルで行われるFIFAフットサルワールドカップ出場を目指してわが日本はチームはもちろん個々の選手の強化を図りベストな日本代表を作り上げています。

2月19日から行われているフットサル日本代表候補トレーニングキャンプでは監督であるセルジオ・サッポ氏がその手腕をふるってくれそうです。

このキャンプでは次のメンバーが日本代表候補としてトレーニングを行います。

まずGKではペスカドーラ町田の石渡良太、名古屋オーシャンズの定永久男、そしてバルドラール浦安の川原永光、バサジィ大分の青柳佳祐の各選手が名前を連ねています。

次にFPにおいては、名古屋オーシャンズの比嘉リカルド、バルドラール浦安の藤井健太、続いてペスカドーラ町田の金山友紀、湘南ベルマーレの豊島明、名古屋オーシャンズの上澤貴憲、さらにバルドラール浦安の小宮山友祐、名古屋オーシャンズの丸山哲平、バルドラール浦安の高橋健介、シュライカー大阪の岸本武志、バルドラール浦安の稲葉洸太郎、ステラミーゴいわて花巻の水上玄太、ペスカドーラ町田の横江怜、デウソン神戸の原田浩平、湘南ベルマーレの篠崎隆樹、デウソン神戸の田中智基、最後にバサジィ大分の仁部屋和弘といった各チームで活躍している優秀な選手が集まっています。

2006年にはAFCフットサル選手権(ウズベキスタン)で、強豪であるイランを下して初めてアジアの頂点に立った日本代表ですが2007年大会では惜しくも2連覇を逃した経験があり、今年のFIFAフットサルワールドカップでは日本代表選手の華々しい活躍が期待されるところです。



posted by いまっち at 18:16 | フットサル

フットサル リーグ



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル リーグ 』を紹介します。◆

フットサル リーグ


フットサルというスポーツに人気が集まっています。

そこでフットサルにおけるリーグについて調べてみました。

日本フットサルリーグはFリーグ(エフリーグ)という愛称で親しまれています。

主催は財団法人日本サッカー協会、日本フットサル連盟となっています。

参加チームに関して言えば8つのチームがあり、ステラミーゴいわて花巻、バルドラール浦安、ペスカドーラ町田、湘南ベルマーレ、名古屋オーシャンズ、シュライカー大阪、デウソン神戸、バサジィ大分と強豪チームが勢揃いしています。

対戦方式は8チームで3回戦総当りリーグ戦方式を採用されています。

つまり全21節の84試合(ホーム&アウェイ、セントラル)となります。

以上のような素晴らしい理念が存在しています。


フットサルのリーグにおいてはフェアで公正でなければならないのです。

それはつまりフットサルの試合に参加する各クラブやひとりひとりの選手がフェアプレー精神で公正に戦うことを指します。

2つ目が日本で最高峰の戦いを見せるリーグであること。

Fリーグにおいては日本のフットサル中でもトップリーグでなければならないしそれが最高峰の戦いにつながるのです。

そしてそれは個人のレベル向上、ひいてはチームの強化に良い影響を与えるのです。

3つ目はフットサルの本来の楽しさを創造するリーグを目指すこと。

これはつまりFリーグはフットサルの華麗なプレーやスピード感、さらには戦術、テクニックを使い見ている人に感動や驚き、楽しさを与えて魅了しなければならないのです。

ボールを蹴る楽しさやチームの仲間と力を合わせてゴールを目指すことの楽しさを手軽に体験できるフットサルの魅力を多くの人に伝えることはフットサルの今後の発展に大いに貢献することになります。

4つ目は仲間と喜びを分かち合えるリーグであること。

特にFリーグは全国200万人とも言われているフットサルファン、サポーター、ホームタウンやスポンサー企業などフットサルに関わる全ての人と価値を共有してフットサルのコミュニティーの充実を図ることが大切なのです。

これに関しては詳細な数字まで出しています、つまり2016年までにフットサルをプレイする人、観戦する人という愛好者を400万人にするというものです。

そして最後の5つ目にあるのがFリーグはフットサルがともにある豊かな未来に向けて努力を惜しまないという宣言をしているという点です。

これまで書いてきたようにフットサルにおけるFリーグの存在は、フットサルの将来はもとよりスポーツ全体の将来を見据えた目標と精神のもとにあり、これから目が離せない大切な競技として見守っていかなければならないでしょう。



posted by いまっち at 18:15 | フットサル

フットサル 全日本選手権



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル 全日本選手権 』を紹介します。◆

フットサル 全日本選手権


フットサルには全日本選手権大会という大規模なイベントがあります。

(財)日本サッカー協会が主催して毎年2月に行うもので、1996年に第1回大会が行われていて今年(2008年)は第13大会となっています。

各地区(北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州)のリーグ予選を勝ち抜いたチームが、トーナメント方式で行います。


各チーム総当たり戦でフットサルコート上で試合を行い、結果として各組の上位1位と2位のチームが次の決勝ラウンドへと駒を進めることができます。

フットサル全日本選手権の発足当初のスポンサーには(株)日産自動車がなっていましたが、その後は(株)日本ハム、2004年にはコンビニエンスストアのファミリーマートが冠スポンサーとなりましたが、2005年からはスポーツ用品メーカーのプーマがスポンサーを引き受けていることで、プーマカップとして大会運営が行われています。

また、日本のフットサルの未来について懸念を持つ人もいるようです。

フットサルという競技は本来20分という時間の中で戦うものですが、全日本選手権東京都予選の競技時間は、なぜかその半分の10分となっています。

したがって試合運びが雑になることが避けられない状況となっていてフットサルの健全な普及にブレーキをかけているのではないかという不安を持つ声もあるようです。




posted by いまっち at 18:13 | フットサル

フットサル 練習



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル 練習 』を紹介します。◆

フットサル 練習


フットサルの練習をするときには、シューズやフットサル用品などは試合で使用するものを使ってやった方がいいかもしれません。

フットサルの基本はサッカー同様に「蹴る」ことと「止める」ことではないでしょうか。

基本的なこの二つの技術を高めることによって、気持ちに余裕ができて基本的なボールの扱いがうまくなりフットサルの上達につながります。

どんなスポーツや勉強でも楽して直ぐに上達するというものではありません。


ボールタッチは足の裏などを使ってボールが足から離れないように転がすという練習法です。

フットサルの試合や動画を見て参考にすることも練習法のメニューに入れておいたほうが上達も早いのではないでしょうか。

ボールの扱いに慣れてきたら次はボールコントロールを身に着けることが大切です。

自分にパスされたボールがすべて受けやすい場所に飛んでくるわけではありませんし、ボール自体が回転していたりして、非常に扱いにくい状態になっていると思います。

相手に取られないようにするためには、パスされたボールをうまくトラップさせる必要があります。

そのためには、柔軟な体を作る必要があります。

体が硬いとパスをうまく受け止めることができずに体から遠いところにはじいてしまった時などは、相手にボールを盗られてしまいます。

そうならないためにもしなやかな体の動きでボールを放さないようにする必要があるでしょう。


posted by いまっち at 18:11 | フットサル

フットサル 戦術



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル 戦術 』を紹介します。◆

フットサル 戦術


フットサルの戦術では、「ポストプレー」がとても大切だとされています。

そしてオフェンス(攻撃)の基本は三角形を作ることにあるといわれています。

フットサルという競技は、サッカーと似ているところが多くあり、その中の一つには、常に3人が三角形のフォーメーションを作りながらパスをまわしていくという戦術を取っていくということがあります。

まず、マークをしてくる相手を自分が壁となり、それを抑えると同時に味方にパスをします。

ボールを持ったとき、すぐにチャンスが作ることができればいいのですが、普通はそうはなりません。


このあたりはサッカーと合い通じるところでしょう。
3名が横並びになって攻撃するときは残ったフィールドプレーヤーが敵陣センターの位置、反対に守備の場合には味方陣営センターの位置に陣取るフォーメーションがフットサルでは基本的な攻守フォーメーション となっています。

その他に3-1のフォーメーションがあります。

チームの核となる選手((PIVO)ピヴォと呼びます)がポスト役になっているチームでは、その選手にボールキープ力があり、競り合いに強い選手であれば、その選手をピヴォ(PIVO)にしてチームを構成する形が、3-1のフォーメーションです。

ピヴォ(PIVO)を中心にゲームを組み立てていきます。

守備は基本的に3人で行いますのでしっかりと守れます。

攻撃に切り替わったときは、ピヴォ(PIVO)を基点に、一気に両サイドや真ん中をついて攻めるといった攻撃方法です。

長くボールを持っていなければならないときなどは、決まって相手がプレスをかけてきます。

そんなときは8の字を描くようなフォーメーションで相手のプレスを避けながら攻撃に転じるチャンスを待ちます。

他にも、おとりになる選手を作りスペースを作ると言った攻撃方法も良く用いられているようです。

フットサルコートは狭いですから、僅かでもスペースができた場合に備えて、常にす俊敏な動きでスペースを有効に使う事を心がけましょう。



posted by いまっち at 11:04 | フットサル

フットサル ゴール キーパー



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル ゴール キーパー 』を紹介します。◆

フットサル ゴール キーパー


フットサルはゴールキーパーを含む5人でチームを組み、2つのチームで対戦するゲームです。

試合開始の時には必ず最低5人が揃わなければなりません。

フットサルのゴールの大きさは高さ2m、幅3m、ライン幅8cmですがサッカーと違って得点率は大きくフットサルのゴールキーパーの役割は重要なポジションです。

華麗なフォワードプレーヤーと違い、フットサルゴールキーパーは、ゴールを決められないから目立たないとか、待ちノプレーはつまらない、という人がいますが、フットサルゴール前では、味方ディフェンスが崩されて決定的な場面を作られてしまったとき、絶体絶命のピンチを救うのはゴールキーパーです。

フットサル人口の中で専門のフットサルゴールキーパーは不足しているので、FPが交代でやるゴールキーパーより多少なりに上手であれば、十分活躍できます。

実際、大会で予選を通過してくるチームはほとんど専門のフットサルゴールキーパーがいます。

フットサルゴールキーパーにはもちろん、サッカーでゴールキーパーをしてきた人がに最も適しているといえます。

しかし、足でのボール扱いになれているフィールドプレーヤーが、キーパーに転向するのもひとつの手であって、うまくいけば大きな戦力となることでしょう。

フットサルのゴールは設置型と仮設型があります。

仮設型でしたら場所さえあれば、フットサルゴール2ゴールのセットを組立式で付属のキャリーバックに入れて持ち運びいつでもどこでも練習やフットサルゲームが楽しめます。

参考:直径38mm、肉厚1mmの粉体焼付塗装仕上げのスチールポール。

サイズ:約300×205×120cmゴールネット:10cmメッシュ(PE製)付属品 キャリーバック、ラバーハンマー各1個 固定用ペグ:5個(スチール)キャリーバッグ:約W110×H43×D9cm重量:約15kg価格¥15400 輸入発売:シンワ エンタープライズ


posted by いまっち at 11:02 | フットサル

フットサル テクニック



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル テクニック 』を紹介します。◆

フットサル テクニック


フットサルテクニックを磨く前時にフットサルでは、ゲーム中に相手と1対1になる場面が多くあります。

オフェンスは、対する相手を抜き去ることができれば大きなチャンスになりますし、逆にディフェンスは、1対1で抜かれてしまえば 大きなピンチを招きます。

この場面で大切なことはオフェンスでもディフェンスでも練習する必要があります。

そのために必要なフットサルテクニックは機敏な動作と的確な判断をともなったプレーが要求されるということを覚えておくといいでしょう。

フットサルのテクニックの基本練習はオフェンス役がボールを持ち、ドリブルをしかけます。

ディフェンス役は、オフェンスに抜かれないように、しっかりとオフェンスの動きについていきます。

フットサルのテクニックを磨く時に効果的な練習法は、オフェンスは、なるべくスピードを落とさないようにドリブルします。
体重移動や、ボールを左右に動かしたりし、ディフェンスを動かすことで、隙を作り抜き去ることを目的にプレーします。

ドリブル中は、ディフェンスの動きをよく見て、相手の逆をとることでうまく相手を抜き去ることができるようになります。

フットサルテクニックでのボールさばきは、プレー中にボールをコントロールやトラップに「足の裏」をよく使います。

 サッカーでもボールを引いたりドリブルでボールを転がす時に使うことがありますが、フットサルテクニックでは頻繁にこの「足のうら」をつかうのです。

フットサルはサッカーと比べてピッチが狭く、常に相手のプレッシャーの中でプレーをします。

サッカーとフットサルのピッチ面積を比較すると約12:1にもなります。

これは、12等分したピッチの中にサッカーでは約2人。

フットサルでは、10人のプレーヤー全員がひしめいていることになります。

これだけ密集したスペースでのプレーではボールをキープすることが大変重要な要素になってきます。

また、ゲーム展開はスピーディーです。

個人のフットサルテクニックだけではなく「パスワークで相手陣形を崩す」組織的フットサルテクニックでプレーすることが攻撃におけるチーム戦術の基本になります。




posted by いまっち at 10:59 | フットサル

フットサル 場



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル 場 』を紹介します。◆

フットサル 場


フットサル場はフットサルコートと呼ぶのが一般的です。

フットサル場の公式コートの規格は基本的に屋内にしつらえられますから、体育館の板張りやウレタン床などの特殊な素材、あるいは人工芝の上でプレーすることになります。

しかし、フットサル専用体育館を借りるのはお金もかかりますし、フットサルの練習の時には屋外という方が多いと思います。

多くいのフットサル競技場は長方形で縦25m以上42m以下(38〜42)、横15m以上25m以下(18〜22)とします。

※( )は国際試合でのフットサル場の企画です。

これまでのフットサル場の床材は砂ゴム入り人工芝が最上でしたがこの床材の登場でフットサル場の水捌けや膝への負担、転倒時の怪我の軽減が実現したといえるでしょう。

関東圏、鷺沼の「フロンタウンさぎぬま」といフットサルコートです。

とてもきれいなフットサル場で、関東最大級のフットサルコートと銘打っているあるだけにひろびろとしています。

人工芝は気持ちよくふっくらしています。

あまりふっくらしていて疲れるという方もいましたが私はけがしない感じがして良いと思いました。

硬いフットサル場だったら怪我を心配する熟年プレーヤーや年少プレーヤーの父兄もいらっしゃるようなのですがここではそんな心配はないと思います。

フットサル場は前部で6面あり、他の設備もきれいでゆったりしています。

シャワーも6基と多いので、またされません。

また、レストルームに大型スクリーンがあり、それからミーティングルーム、ショップなどもあります。

すべてにバリアフリーの施設で、環境に優しいがコンセプトです。



posted by いまっち at 06:25 | フットサル

フットサル ユニフォーム



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル ユニフォーム 』を紹介します。◆

フットサル ユニフォーム


フットサル ユニフォームはネットで簡単に作ることができますよ。

もちろん、買うこともできます。

できれば、チームオリジナルのユニフォームを作りたいものですよね。

オリジナルのユニフォームやセミオーダーのユニフォームを作ることも可能です。

たとえばこのサイト:
http://www.longyong.jp/
フットサル・サッカーユニフォームの作成ができます。

デザインタイプやカラーを選ぶことができて、カラーシミュレーターでイメージをつかむことができます。

フットサル用のユニフォームを販売しているところは、ゴールキーパー用のユニフォームを準備しているところがおおいものです。

また、オーダーメイドやセミオーダーのできるユニフォームで、チーム全体のユニフォームをデザインを踏まえたゴールキーパーのデザインを考えてオーダーすることができるものもあります。

ネットでは、ユニフォームの値段は1500円〜などと宣伝されているものもありますが、なかなか、この値段では難しいようです。

オリジナルに近いユニフォームを作るためには、上下、それぞれ、1万円程度を準備しておくことが必要でしょう。

また、ユニフォームにこだわるなら、背番号のフォントやユニフォームのグラフィック、カラーのグラデーションなどにもこだわるといっそう引き立ったユニフォームを作ることができます。

ユニフォーム以外にもこだわりをもつのもよいかもしれませんね。

ゲームパンツ、ストッキング、また、移動時のスウェット、ジャージなども統一性をもったチームでまとめると、いっそう引き立ちます。

コートの中のユニフォームだけでなく、コート外でのチームのまとまりも考えたアイテムをそろえることもチームの結束を図るのには最適な方法となるでしょう。


posted by いまっち at 06:22 | フットサル

フットサル ルール



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル ルール 』を紹介します。◆

フットサル ルール


フットサルルールについて簡単にご紹介します。

フットサルは、サッカーを少人数でできるようにしているものですが、細かいところでは、サッカーと随分ルールが違います。

全体的には、サッカーを小規模にしたものと考えられるもので、全てのスケールが小さくなっています。

まず、人数ですが、フットサルの場合は、5人でチームを組みます。

サッカーは、11人必要となりますが、5人でチームを組むことができるため、手軽に楽しむことができます。

フットサルのルールでは、ピッチサイズとして、20m×40mと定められています。

また、ゴールもフットサルの方が小さくなっています。

フットサルは、2m×3mのゴールサイズとなっていますが、サッカーは、2.44m×7.32mです。

こちらは、約1/2ぐらいですね。

そのほか、フットサルのルールでは、プレーの再開がゴールキックではなく、ゴールキーパースローによって再開されたり、4秒ルールといい、キックイン、ゴールクリアランス、フリーキック、コーナーキックなどを4秒以内に行わなくてはならないなどのルールがあります。

友人同士などで行う場合に便利なのが、交代が何回でも自由にできるという点です。

サッカーは、1度出た選手がまた再度プレイすることはできませんがフットサルでは、可能です。

なお、フットサルの正確なルールについては、フットサル競技規則がありますので、ネットなどで調べると正確なフットサルのルールを把握することができます。

また、フットサルのルールを勉強すれば、フットサルの正式な審判の資格を取得することができます。

フットサルのルールは、細かく調べると結構難しいものもありますが、審判を目指して勉強することも良いでしょう。



posted by いまっち at 06:17 | フットサル

フットサル コート



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル コート 』を紹介します。◆

フットサル コート


フットサル コートをお探しでしょうか?フットサル コートは、ネットで検索すると一覧となって、検索できる場合が多く、見つけるのには、あまり、苦労しません。

しかし、フットサルコートを利用するには、まず、チームを作ることが必要です。

それは、サイトを利用にあたっても、所属するチームの登録が必要になる場合があります。

たとえば、
このサイト:フットサル専門ドットコム
http://www.futsal-senmon.com/ では、全国のフットサルコート約460箇所の閲覧が可能です。

しかし、フットサル専門ドットコムを利用して、フットサルコートを検索するためには、体育会系ドットコムに会員登録する必要があります。

全国のフットサルコートが日本地図上で確認できるようになっています。

情報の新しさからいうと、全国フットサルコートガイド

http://www6.plala.or.jp/futsal-guide/

が良いかもしれません。

掲載内容も多く、3月5日現在で、414のコートが掲載されています。

フットサルコートの料金は、チームの会員登録料と時間毎のコート利用料金が必要となります。

首都圏では、1時間当たりの利用料金が5千円〜1万円ぐらいとなります。

しかし、場所によっては、2千円ぐらいのところもありますので、よく探してみると安いところがあるかもしれません。

また、会員登録制だけでなく、ビジターとして利用できるフットサルコートもあるので探してみると良いでしょう。



posted by いまっち at 06:14 | フットサル

フットサル 大会



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル 大会 』を紹介します。◆

フットサル 大会


フットサルは最近人気が出てきたスポーツです。

特徴としてバスケットとサッカーを合わせた要素があります。

フットサルの大会は、各地フットサル場主催のものから、スポーツメーカー主催のものまで色々あります。

フットサルのチームを作って、ある程度形になってきたら、練習試合をしたくなることでしょう。

また、男女混合の場合は、女性が得点をあげた場合は2点というルールを設けている大会が多いです。

例えば、フットサルの大会はレベル分けされているところも多いです。

ハイレベル、一般、初心者、男女混合、女性のみ、等など。

その大会によって規定があると思いますので、参加を希望する場合は、参加者規定を良く理解してから申し込むことをお奨めします。

その他にも、、フットサルの大会では厳粛な大会で無い場合には、ユニフォームも義務付けておらず、ビブス(色と番号が印刷された、服の上から簡単に着れるもの)で良いというところもあります。

大概はユニフォームが必要ですが、ホーム用・アウェイ用に二種類用意する必要はありません。

夏など暑い時等は二種類あると重宝しますが、通常、ユニフォームの色が相手チームと似通ってしまった時等は、上からビブスを着用します。

登録人数もその大会によって変わってきますので、大会にエントリーする際には事前にローカルルール等の確認をしておくと良いでしょう。



posted by いまっち at 06:11 | フットサル

フットサル シューズ



◆一昔前に話題・旬とされた『 フットサル シューズ 』を紹介します。◆

フットサル シューズ


フットサルのシューズはどの様なものなのでしょうか。

また、どの様なものが良いのでしょうか。

これから始める方は意外と疑問に思うところだと思います。

一言で言えば、フットサルのシューズは「人工芝用のもの」です。

オールコートのサッカーで使用されるスパイクはポイント(裏に大きな凸凹)が付いているものは使用できません。

その他にも、小さなポイントが沢山入ったものも、禁止まではしていない場所でも、使いがっては悪いでしょう。

フットサル場によっても、シューズの規定はありますので、会場が決まったら、一度確認しておくことをお奨めします。

通常は裏が平らになっているものであれば、大概使用可能です。

フットサルのルールは殆どサッカーと同じです。

ただ、人数がサッカーは11人(ゴールキーパー含む)ですが、フットサルは5人(ゴールキーパー含む)です。

厳密に言うと、オフサイドがハーフラインをまたいだ場合のみ適応と言ったところですが、その他は殆どサッカーと同じです。

サッカーを昔からやってきた人などは、フットサル用シューズとしてキープしますが、これから始める、まだ面白いかどうかも分からない方にとっては、フットサル専用にシューズをそろえるのはちょっともったいないと考える方もいるかと思います。

ただ、最近ではフットサルのシューズもデザインに富んだものが発売されてきており、普段靴として使用しても違和感がないものもあります。

遊び半分でも道具を揃えてみてはどうでしょう?やってみれば、意外と面白かったりします。

それでも、やはり合わなかったら普段靴にしてしまえば良いのです。


posted by いまっち at 00:37 | フットサル
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。